mfaceにおけるセキュリティ対策には

こんにちは

最近は久々の雨に身割れたり山火事が起きたりと自然減少が多い時期ですね。
先週は噴火もあったみたいで5月は忙しい人も多いかもですね。

さて、今日はmfaceにおけるセキュリティについて綴っていきます。
まずはじめになぜセキュリティが必要なのかと言いますと、仮想通貨(電子マネー等)を電子(ネット)上で取引をして行くため安易に他人が使えないようにするために必要になっています。
mfaceに限らず電子マネーをネット上で使う人はセキュリティを気にした方がいいと思います。
mfaceでのセキュリティ対策には4点あります。
1つ目は個人で設定できる普通のパスワード
2つ目は個人で設定できる第2パスワード(普通パスとは別の文字列)
3つ目は電子認証キー
4つ目はセキュリティコード(ボット対策)
があります。
これら4つでは完全とまではいかなくとも特定するまでかなりの時間がかかると思います。
完全なセキュリティは私は無いと思っておりますので、ある程度長く使っている自分で設定できるパスワードは定期的に変更、個人情報から読み解きにくいものを設定していってください。

それでは、また。